佐野市の歴史・人物

 田中正造

田中 正造(たなか しょうぞう、天保12年11月3日(1841年12月15日) - 1913年(大正2年)9月4日)は、日本の政治家。足尾銅山鉱毒事件を告発した。衆議院議員選挙に当選6回。幼名、兼三郎。下野国小中村(現・栃木県佐野市小中町)出身。

生まれは名主の家ではあったが、田中本人によれば村では中流でそれほど裕福な家ではなかったという。 父の跡を継いで小中村名主となり、幕末から村民らと領主である高家六角家に対して政治的要求を行っていたが、このことがもとで明治維新直前の慶応4年(1868年)に投獄され(この時の牢は縦横高さともに1mほどしかない狭いもので、立つことも寝ることもできない過酷な構造だった)、翌年に出所。 明治3年(1870年)、江刺県花輪支庁(現・秋田県鹿角市)の官吏となった。翌年、上司の木村新八郎殺害の容疑者として逮捕され、投獄されている。これは物的証拠もなく冤罪だったと思われるが、正造の性格や言動から当時の上役たちに反感を持たれていたのが影響したらしい。 1874年(明治7年)に釈放されて小中村に戻り、1876年(明治9年)まで隣の石塚村(現・佐野市石塚町)の造り酒屋蛭子屋の番頭をつとめた。幕末に大沢カツと結婚しているが、その結婚の年については諸説ある。


【足尾銅山鉱毒事件
明治23年(1890年)、第1回衆議院議員総選挙に初当選する。田中は帝国議会でも当初は立憲改進党に属していた。この年渡良瀬川で大洪水があり、流れ出した鉱毒によって稲が立ち枯れる現象が流域各地で確認され、騒ぎとなった。
明治24年(1891年)、鉱毒の害を視察し、第2回衆議院議会で鉱毒問題に関する質問を行った。明治29年(1896年)にも質問を行い、群馬県邑楽郡渡瀬村(現在の群馬県館林市)の雲龍寺で演説を行った。 明治30年(1897年)になると、農民の鉱毒反対運動が激化。東京へ陳情団が押しかけた。当時このような運動には名前がついておらず、農民らは「押出し」と呼んだ。田中は鉱毒について国会質問を行ったほか、東京で演説を行った。農商務省と足尾銅山側は予防工事を確約、実際に着工されるが、効果は薄かった。
川俣事件記念碑明治33年(1900年)2月13日農民らが東京へ陳情に出かけようとしたところ、途中の群馬県邑楽郡佐貫村大字川俣村(現在の明和町川俣)で警官隊と衝突。流血の惨事となり、農民多数が逮捕された。これを川俣事件と呼ぶ。この事件の2日後と4日後、田中は国会で事件に関する質問を行った。これが「亡国に至るを知らざれば之れ即ち亡国の儀につき質問書」で、日本の憲政史上に残る大演説であった。2日後の演説の途中で当時所属していた憲政本党を離党した。当時の総理大臣山縣有朋は「質問の意味がわからない」として答弁を拒否した。この年の川俣事件公判の傍聴中、あくびをしたところ、態度が悪いとして官吏侮辱罪に問われ、裁判にかけられた。なお、川俣事件は仙台控訴審での差し戻し審で、起訴状に担当検事の署名がないという理由で明治35年(1902年)に公訴不受理(一審で無罪だった者については控訴棄却)という判決が下り、全員が釈放された。
明治34年(1901年)10月、田中は議員を辞職した。しかし鉱毒被害を訴える活動はやめず、主に東京のキリスト教会などで鉱毒に関する演説をたびたび行った。
明治天皇に直訴を行う様子が刻まれている「田中正造翁遺徳の碑」 (茨城県古河市) 古河は谷中村=現渡良瀬遊水池周辺最大の都市で支援者も多く、また田中らが上京時に東北本線古河駅を利用したことから現在まで縁の多い地の1つである12月10日に足尾鉱毒事件について明治天皇に有名な直訴を行う。途中で警備の警官に取り押さえられて直訴そのものには失敗したが、東京市中は大騒ぎになり、号外も配られ、直訴状の内容は広く知れ渡った。直訴状は、幸徳秋水が書いたものに田中が加筆修正したと伝えられる。田中は即拘束されたが、政府は単に狂人が馬車の前によろめいただけだとして不問にすることとし(田中本人の言及による)、即日釈放された。



 藤原秀郷

藤原秀郷は、藤原氏北家房前の子左大臣の魚名の子孫と伝えられている。秀郷は幼時京都の近郊田原の郷に住んでいたので、田原(俵)藤田秀郷ともいわれている。
秀郷の在世当時(平安朝の中頃)は、都の朝廷では藤原氏が代々摂政や関白になって政治の実権を握っていたが一族の間で政権争いがくりかえされ、そのために都の政治が乱れてくると地方の政治もゆるみ土着の土豪などが欲しいままに勢力を広げていた。
時に秀郷は延長5年(927)に下野国(栃木県)の警察にあたる押領使という役に任ぜられ父祖伝来のこの地に参られ唐沢山に城を築いて善政を施していた。

たまたまこの頃、桓武天皇の流れをくむ平将門は父の残した領地のことから叔父の国香を殺し、次第に勢力を増し、天慶2年(939)頃から関東8か国(上総・常陸・上野・下野・武蔵・相模・伊豆)の国府を順次攻めたて国府の長官を京に護送して関東地方の大部分を支配してしまい、自ら新皇と称し、朝廷の命令を聞こうとせず背いていた。将門が地方で乱暴を働くのをみかねた朝廷が藤原忠文に征夷大将軍の職を与え将門征伐に出発させた。
その軍が到着する前に秀郷は平貞盛と力を合わせて、将門の軍を下総国幸島において攻め滅ぼした。時に天慶3年2月14日、世にこれを天慶の乱という。秀郷はこの功績により押領使から下野守(栃木県の長官)になり、さらに武蔵守の役も兼任するようになり従四位下へと進み、その手柄に対し朝廷より土地一功田が与えられた。

その後、子孫が代々城主となり、約700年間、佐野修理大夫信吉の代まで続き、徳川幕府の初期に現在の城山公園の地に城を移し春日城と呼ばれた。この春日城がまだ完成しない慶長18年(1613)、大名としての佐野家は徳川氏の政策により断絶、城主佐野信吉は信州松本城にお預けとなった。
23年後、時の三代将軍徳川家光から赦免の恩赦に浴し、信吉の二人の子供は旗本として佐野家を再興することができた。

慶応3年(1867)、廃藩置県により士族となり明治を迎え、ここに至り一族・旧臣・相謀って沢英社と東明会を組織して秀郷の遺徳をしのび、明治16年9月25日本丸跡に神社を創建して同年10月25日に秀郷の御霊を奉斎し、以後永くこの地方の守護神として崇敬されている。