HOME > ニュース > 佐野厄除大師
佐野厄除大師
関東の三大師の佐野厄除け大師。日本随一の水子地蔵尊を安置しています。

春日岡(かすがおか)とよばれ、多くの人から親しまれている寺である。
徳川時代には御朱印五十石を拝領し、寺社奉行も置かれ、三代将軍家光公も参拝する等徳川幕府との縁故も深い。
また当山は、厄よけ元三慈恵大師(御本地・如意輪観音)を安置し、厄よけ、身体安全の祈願を続けており、年毎に信者が激増し、正月大祭には約百万人以上の参拝客を仰いでいる。

 
本堂
身体安全・家内安全・商売繁昌・心願成就・交通安全・合格祈願・無事安産・海外渡航安全・虫封じ・新築祈願・社内安全・良縁成就・子授成就など祈願できる。
  水子地蔵尊
昭和53年4月落成、百万信徒の浄財により建立された。
ご本尊は身の丈八尺余り、総金ぱく押しの仏体で日本随一といわれている。建物も珍しい円形多宝塔造りである。

 
東照権現
徳川家康公のみ霊(たま)が静岡県久能山より日光遷座の途中、元和三年三月二十七日一泊、この仏縁により諸大名の寄進にて本殿等の造営が成り、江戸中期を代表する華麗、精緻な技巧によって完成された。
  広い敷地内には田中正造のお墓や啄木の碑、麗水観音、パゴダ供養塔などあります。

おすすめスポット
   
子育地蔵尊
ふくよかで愛らしい笑顔のお小僧さんで、竹ぼうきをもって立っているまめまめしいお姿は、お子様の無事成長を願う親達の心に言い知れぬ期待感を与えるお地蔵様です。参拝する親子連れがタワシでお体を洗うことによって丈夫な子、まめな子、よく働く人間に育つといわれております。
  金銅(きんづくり)大梵鐘
人間国宝香取正彦先生によって謹製され、日本一大きな金の梵鐘(つりがね)で、直径 1.15メートル、重量約2トン、黒塗りの切妻造りの鐘楼(しょうろう)に収められている。
  絵馬
願いが叶うように・・
心を込めて書きます。

INFORMATION
関東の三大師 佐野厄除大師
【住所】
〒327-0015 佐野市春日岡山2233番地

【お問い合わせ 】
電話 :0283-22-5229 (受付時間 午前 8:20~午後 5:00)
FAX :0283-22-8903 (24時間受付)
URL http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/

【営業時間】


【休日】


大きな地図で見る

【交通機関のご案内】
JR 両毛線「佐野駅」より徒歩8分
東武佐野線「佐野市駅」より徒歩6分
東北自動車道「佐野藤岡インター」より10分

佐野市へのアクセス
初めての方には、ちょっと遠く感じる佐野。 それでも一度おいでいただければ、意外な近さに驚かれるでしょう。
都心からは、車では 1時間、電車を利用しても 1.5時間程です。

※お正月、土日、祝日など佐野インター付近は非常に混雑する場合があります。東京方面からお越しの方は佐野の1つ前の館林インターを利用いただいたほうが早い場合があります。館林インターからのアクセス方法に関しては下記のリンクから確認してみてください。距離 18.5km 所要時間 20分

2008年12月20日に真岡IC~桜川筑西IC間が開通しました。茨城からのお越しの際のアクセスが非常に早く楽になりました。
詳しくはこちらをクリック↓
http://www.e-nexco.co.jp/road_info/local_info/open_kitakan/kukan.html